2010-07-14

「飛越源流の森づくり/2010・夏」が開催されました

 7月11日(日)飛騨市古川町地内において「飛越源流の森づくり/2010・夏」が開催されました。
 県境を越え上下流域の人たちが森づくりを通じて交流を深めようと始められた、この「飛越源流の森づくり」は4年目に入り、今回から、今までに植えられた苗木約2700本を守り育てる「育林作業」に移ります。 雨が降り続く梅雨真っ只中での作業となりましたが、富山県、岐阜県、他県から約150名方々が参加され、腰の高さまで伸びた雑草にうもれ隠れているトンネル残土の埋立地で生育の遅い苗木を探し、その苗木の周りを刈る「ツボ刈り」という方法で草刈りを行いした。
 お昼には、恒例となった、富山県漁連さんからの山海汁、ハタハタの干物の振る舞いを美味しくいただき、午後からは、午前中の続き、食後の一汗、育林作業に。また、テント内では、刈り取った雑草で草木染めやしおりをつくるクラフト教室「森のお木楽工房」が開かれていました。

 雨が降り続く蒸し暑い中での作業となりました。みなさんご苦労さまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.