2010-01-26

あなたの長良川とっておきの長良川の情景大募集


nagara_111.jpg

あ なたが長良川について想うとき、印象深い情景はどんなものですか?
豊かな自然の中に、清流とうたわれる澄んだ水を湛える長良川の流れ、鵜飼のよう にそこで育まれた様々な流域文化や生活から映る人々の

素顔など、長良川は私たちに多くの恵みをもたらしてくれる存在です。
岐阜が誇る長良川、そこ に育まれてきた私たちの長良川への思い...
あなたが想う、「とっておきの長良川」について、その想いをこめてご紹介ください。

 

あなたがお勧めする長良川の情景を以下のジャンルで募集します。

1. 携帯電話写真部門(どこからでもパチリ、そのままメールでお気軽に応募してください)
2. 写真部門(デジタルカメラも含みます)
紙焼きなら半切サイズ(356mm×432mm)以下、デジタルデータなら2MB、1600×1200ピクセル程度以下で。
3.絵画部門(お子 様の参加も大歓迎!)
A3もしくは半切サイズ(356mm×432mm)以下で。
(様式、点数は問いません。どしどしご応募ください)

 

☆ 携帯電話写真部門 投稿サイト

http://nagara-forum.org/mb/index.html

バーコードを読み取ってください。

 

 

 

 

<応募のポイント>

◆ポイント1

撮影などの技術よりも「どうしてその情景に想いをもっているのか」を大切にします。

◆ポイント2

風景の素晴らしさとともに、川とともに育まれてきた「人の営み・文化」を感じさせる雰囲気のある ものは高く評価されます。

◆ポイント3

対象は問いません。長良川やまちなみの風景、そこで活動する人々の素顔など、「あなたなりの長良 川」のイメージをふくらませてください。

 

応募作品には、応募者の名前、連絡先、作品についてのコメント(その風景を素晴らしいと思う理由や、想いをもったエピソードなど)を添付して、下記 送付先までご提出ください。
応募用紙は長良川文化フォーラムのホームページから投稿できます。
(長良川文化フォーラムホームページ投稿サ イト :http://nagara-forum.org/oubo_pc/mail.html

なお、入賞作品の応募者には、今年の5月に開催予定のシンポジウムに招待し、表彰とともに記念品(県産品)を贈呈するとともに、作品の展示エリアを設けて 紹介いたします。

 

送付先:〒500-8875 岐阜市柳ヶ瀬通1-12中日ビル2階
岐阜市NPO・ボランティア協働センター「長良川文化フォーラム」あて
(〒 500-8875 岐阜市柳ヶ瀬通1-12中日ビル2階:Eメールinfo@nagara-forum.org
応 募締切:平成21年3月20日まで(当日の消印は有効)

主催:長良川文化団体連絡会 長良川文化フォーラム 岐阜市、関市

 

◆応募要領
・応募作品の著作権は作者に帰属しますが、応募作品は、長良川文化の魅力を語り合う機会を設けたり、講座等の資料など、長良川文 化フォーラムの活動に活用させていただくことについてご了解をいただくものとし、その使用権は主催者に帰属します(その場合画像サイズを変更する場合があ ります)。
・応募していただいた作品のご紹介については後日、上記の取組みを通じて実施させていただきます。
・応募していただいた作品に ついてはご返却いたしかねます。
・写真公表に関しては、作者の責任において撮影対象関係者の承諾を得てください。主催者は一切の責任を負いかねま す。
・また、応募していただいた方の名前や連絡先などの個人情報は、本募集及び上記のフォーラム活動に関することのみに利用させていただきます。

問合せ先 岐阜市役所058(265)4141 市民参画政策課(内線6153)
Eメール  sankaku-sei@city.gifu.gifu.jp

 

↓ 募集案内&応募用紙です。クリックするとダウンロードできます。

Author:長良川流域|Category:長良川,お知らせ, 長良川|Comments:No comments

2010-01-11

「風の谷 森林の楽校2010春」森づくり体験のお知らせ

2010年3月6日から2010年3月7日
2010年3月6日から2010年3月7日

やさしい風吹く谷、岐阜県揖斐川町谷汲地区。奈良の飛鳥を想わせるのどかな里山の盆地です。谷汲山華厳寺、両界山横蔵寺もあり、140万人の参拝客、観光客が訪れる所でもあります。
 里山の周囲は人工林、天然林でいっぱい。廃校になった小学校を改装した「ラーニングアーバー横蔵」を拠点にして、周辺の区有林や地元の共有林の整備を行ないます。また、山菜・野草を味わいます。

 近づく春の風を探しに出かけませんか。もちろん初心者の方も大歓迎です。

【と き】 2010年3月6日(土)~7日(日)(1泊2日)
【ところ】 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲・横蔵地区
【参加費】 学生・会員8,000円/一般9,000円 (保険料・宿泊食事1泊3食代等)
      ※現地までの交通費は各自ご負担下さい。
【内 容】 森づくり体験100% 枝打ち・間伐等
【定 員】 30名
【締 切】 2月25日(木) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【日 程】 多少の雨でも実施しますが、内容が変わることがあります。
 ◆3月6日(土)
 13:00 集合
 13:30 開校式・森林についてのレクチャー
 14:00 森づくり体験:枝打ち・間伐作業他
 17:30 入浴
 18:30 夕食交流会
 ◆3月7日(日)
  7:00 朝食
  9:00 森づくり体験:枝打ち・間伐作業他
 12:00 昼食
 13:00 反省会・閉校式
 14:00 解散・送迎
【集 合】 ラーニングアーバー横蔵 13:00
     ※交通に関しては以下のホームページをご参照下さい。
      http://www.juann.jp/
     ※自家用車でおいでの場合
      名神高速道路:
      大垣・羽島インターより約35km、関ヶ原インターから約50km
     ※JR岐阜羽島駅・名鉄新羽島駅、JR穂積駅から送迎バスを予定しています。
      岐阜羽島(新羽島)駅北口11:45発、穂積駅北口12:10発  
 
 ※過去の活動の様子はコチラ → http://eventjuon.blog25.fc2.com/blog-category-1.html

【主 催】 JUON NETWORK
【協 力】 ぎふいび自然楽校、横蔵財産区

【問合せ・申込み】
  特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
  〒166-8532 杉並区和田3-30-22 
  Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
  E-mail:juon-office★univcoop.or.jp
  http://juon.univcoop.or.jp/

★参加希望の方は以下の申込書に記入又は○をつけ、juon-office★univcoop.or.jp までお送り下さい。
 FAX、電話、ハガキなどでも結構です。

──────── 申 込 書 ─────────────
「風の谷 森林の楽校2010春」
名前:
ふりがな:
性別:男・女
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
森林作業: 初めて・2~3回目・それ以上
JUON NETWORK: 会員・非会員
交通手段: 公共交通機関・自家用車
送迎希望: JR岐阜羽島(新羽島)駅北口・JR穂積駅北口
────────────────────────────
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いたします。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、速やかに必要な手続きをお取りいたします。

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたしておりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらからご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性がございます。大変お手数をおかけいたしますが、その際はお電話いただければ幸いです。

Author:揖斐川流域|Category:揖斐川,お知らせ, イベント, 揖斐川, 未分類|Comments:No comments

2010-01-11

『炭をやき、猟師と歩く“冬のなりわい”体験ツアー』 参加者募集

2010年1月30日から2010年1月31日
2010年2月13日から2010年2月14日

 マイナスの気温とはうらはらに、炭やきの仕事は真冬も汗が流れ落ちる。 その熱風と炎の激しさは、実際に窯の前に身体をおかなくては味わえない。
 郡上市明宝はその昔、「奧」のブランドで良質の炭を都会に売っていた。 山に暮らす人々の貴重な現金収入は、自前で燃料を生み出すことによっていた。 そう、自前で。 自分たちの手で山の木を伐り、窯を築き、炭を焼く。焼き上がったら里へ下ろす。 そのくり返し。
 持続可能で再生可能なエネルギー。 山と、人の手があれば作れるのに。ガスや電気は便利だけれど、はるか海外から運ばれてくる。 なにかあったとき石油資源は手に入らなくなるかもしれない、とても不安定なもの。 なによりたくさんのCO2を出してしまう。 炭はカーボンフリーだ。 近くの山の木を伐り、炭を焼いても、20~30年もすれば元の雑木林に戻る。そして再び伐って炭を焼く。 山に人が関わることで、再生可能なエネルギーを生み出す事ができた。

 そして、冬しか味わえない山の恵。 猟は冬しかできない。
野性味たっぷりのイノシシやシカは、山に入る男達がいるからこそいただくことができる。 だが、猟師の数も年々減ってきている。

 炭と猟。 山で生きてきた人々の知恵と技は、継承の危機にある。 昔の話で終わらせていいのだろうか。

 山にこそ未来の暮らしを作っていくヒントが、きっとある。 真冬の郡上へ、来たれ。

日 時
 第1回:2010年1月30日(土)~31日(日)
 第2回:2010年1月13日(土)~14日(日)

場 所 こうじびら山の家とその周辺

定 員 各回20名

参加費 大人8,500円 小学生6,500円 幼児(3歳以上)4,500円(宿泊費・食費・体験料・保険料込み)

申込〆切 第1回:1月20日(水)、第2回:1月27日(水)

  詳細は「案内チラシ」をご覧ください。 ↓
    http://www.organweb.sakura.ne.jp/upload/koujibirawinter.pdf

お申込方法
STEP1:メール(koujibira★gmail.com)かFAX(0575-87-3052)にて次の①~⑦をお知らせください。
 ①氏名(ふりがな)、②ご住所(郵便番号も)、③電話番号(携帯可)、④生年月日(保険加入のため必要で
  す)、⑤参加日程(1月or2月)⑥集合場所までの交通手段(※郡上市八幡町までの送迎有り)、⑦今回の
  ツアーに期待していること
STEP2:折り返し、詳細案内をお送りします。

その他
 ・キャンセル料は次のとおりですので、あらかじめご了承ください。
  7日前:参加費の30%、前日:参加費の50%、当日:参加費の100%
 ・最小催行人数各回10名です。
 ・本ツアーは「平成21年度 ぎふの田舎へ行こう!キャンペーン推進事業」の一環ため特別価格のモニターツ
  アーとして実施するものです。
 ・参加者のみなさまの個人情報は、当団体が責任を持って管理します。今後、こうじびら山の家からイベントな
  どの各種情報をお送りすることがあります。

主 催 NPO法人こうじびら山の家

問い合わせ
こうじびら山の家
〒501-4306 岐阜県郡上市明宝畑佐137番地3の3
TEL:0575(87)3039  FAX:0575(87)3052
E-mail koujibira★gmail.com)
URL http://www.gujo-tv.ne.jp/~koujibira/

Author:長良川流域|Category:長良川,お知らせ, イベント, 長良川|Comments:No comments

2010-01-08

「豊森なりわい塾 第4回公開講座」のご案内

2010年2月7日

このたび、第4回目の豊森公開講座では、「森とまちをつなぎ、日本の森林を守る 

~『天然住宅』に学ぶ地域材利用の仕組みづくり~」と題して、すべて国産の無垢材

を使った「天然住宅」に取り組んでいる
相根昭典さん・田中優さん を講師にお招きします。

「日本の森林を守るために必要なこと」
「森とまちをつなぐ地域材利用の仕組みづくり」
「非営利バンクの考え方」について、お話しいただきます。

多くの皆さま方のご参加をお待ちしております。

 

【開催概要】 

●日時:2月7日(日) 12:30開場 13:00開始 15:30終了

●会場:崇化館交流館 大会議室(豊田市昭和町2-46)
    住所/豊田市昭和町2-46
   (名鉄豊田市駅・愛知環状鉄道豊田駅より徒歩8分)
    地図/http://www.hm3.aitai.ne.jp/~ph10/access/access.html
    ※託児サービスはございません。ご了承下さい。

●入場料:無料

●定員:100名(定員になり次第締切り)

●講演:相根昭典さん・田中優さん

【相根昭典さんプロフィール】
 中間法人天然住宅代表理事、(株)アンビエックス代表取締役、
 一級建築士。
 1954年生まれ。日本を代表する「健康住宅」の提唱者。
 安全な素材にこだわり、独自に研究・開発を行い、
 化学物質 を極限まで使わない健康住宅を提供。
 循環型社会を現実にするエコヴィレッジを展開中。

【田中優さんプロフィール】
 中間法人天然住宅共同代表、天然住宅バンク代表、
 未来バンク事業組合理事長、ap bank監事
 1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を
 出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に
 関わる。

●申込み方法:
 http://www.toyomori.org/open/ よりお申し込みください。
 またはファックスで下記情報をご送付ください。
 (1)氏名 (2)連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)
 (3)参加希望人数 (4)この募集を知ったきっかけ
 ※いただいた個人情報は、今後の公開講座のお知らせなど、
  豊森に関する情報をお送りすることにのみ利用させていただきます。

●お問い合わせ先:
 豊森事務局(特定非営利活動法人 地域の未来・志援センター内)
 豊森なりわい塾担当
 電話番号: 052-331-1043(平日10:00-18:00)
 FAX:052-339-5651
 メールアドレス:info@toyomori.org

●ホームページ
 http://www.toyomori.org/
 ※豊森なりわい塾とは
 「豊森」とは、森林を活用した「人づくり」「地域づくり」
 「仕組みづくり」のプロジェクトです。多様な人材の参画によって、
 森を中心とした自然生態系の利用を軸とする地域循環型・持続型社会の
 仕組みが生まれ、暮らしの中で人と人の心を結び直す「豊森モデル」を
 構築することを目指します。

Author:土岐川・矢作川|Category:土岐川・矢作川,お知らせ, イベント, 土岐川・矢作川, 未分類|Comments:No comments

2010-01-05

平成21年度豊田市矢作川研究所シンポジウム

2010年1月23日
1:00 PMから4:30 PM

◆日時 平成22年1月23日(土) 13:00~16:30

◆場所 電気文化会館(名古屋市地下鉄伏見駅徒歩2分) 

  http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/map/ac_db.html

◆内容 

 講演1 いのちとくらしを支える生物多様性    涌井史郎(中部大学教授) 

 講演2 川に遊び、川の生き物を学ぼう!(対談) 中本賢(タレント)・阿部夏丸(作家)

 パネルデッスカッション「流域でまもる命の豊かさ」 

  ・パネラー  

   丹羽健司 伊勢・三河湾流域ネットワーク 

   新見幾男 矢作川漁業協同組合長・矢作川天然アユ調査会 

   大沼淳一 NPO法人みたけ・500万人の木曽川水トラスト  

   浅香智也 三河淡水生物ネットワーク 

 ・コメンテーター   

   涌井史郎(中部大学教授)  

 ・コーディネーター

   須崎燈子(豊田市矢作川研究所)

◆参加費 無料

◆問い合わせ 豊田市矢作川研究所

  TEL:0565-34-6860 FAX:0565-34-6028

  Email:yahagi@yahagigawa.jp  

  URL:http://yahagigawa.jp/

Author:土岐川・矢作川|Category:土岐川・矢作川,お知らせ, イベント, 土岐川・矢作川|Comments:No comments

2009-11-23

「森・川・海 ひだみの流域サミット」開催のお知らせ

2010年1月31日
10:30 AMから4:30 PM

summit_top

 

 

たくさんのご応募ありがとうございました。

 第1部分科会は締め切らさせていただきます。引き続き、第2部本会へのご参加は1月27日(水)まで、申し込みを受付ます。

 

「第30回全国豊かな海づくり大会」(平成22年6月岐阜県開催)を機に、岐阜県に係る森・川・海をフィールドとして

活動するNPOや団体等が森林や水源、水辺、海を守り、生物多様性の保全を推進するためにどのように連携し、

何をすべきかをみんなで考えます。

 

◆開催日時 平成22年1月31日(日) 10時30分~16時

◆会場 じゅうろくプラザ 岐阜市橋本町1-10-11 TEL:058-262-0150(代)

◆入場無料

 

 summit_o_s

 

◆第1部 分科会:流域活動の意見交換会 (定員:20名×5会場)  10:30~12:00 

  1 流域活動報告

  2 参加者意見

  3 座長による総括

 ★分科会テーマ

   Ⅰ 長良川流域の森・川・海づくり

      座長:野村典博 (NPO法人 森と水辺の技術研究会 理事長)

   Ⅱ 揖斐川流域の森・川・海づくり

      座長:成瀬富士一 (生命の水と森の活動センター長)

   Ⅲ 木曽川・飛騨川流域の森・川・海づくり

      座長:伊藤栄一 (森のなりわい研究所 代表)

   Ⅳ 土岐川・矢作川流域の森・川・海づくり

      座長:大島光利 (NPO法人 奥矢作森林塾理事長 理事長)

   Ⅴ 宮川・庄川流域の森・川・海づくり

      座長:佃 正壽 (森林たくみ塾 理事長)

 

 注)1月15日現在で、第1部 分科会は応募者多数となりました。勝手ながら募集を締め切らさせていただきます。

 第2部 本会はまだ定員に余裕があります。ご応募をよろしくお願いします。

 

◆第2部 本会:流域活動報告会、講演会(定員:500名 会場:ホール)

  12:30 開場

  13:00 開会

       森・川・海の歌 

         「女性合唱団 コスモス」(岐阜市) 曲:長良川他

         「アンサンブルポポロ」(各務原市) 曲:混声合唱とピアノのための組曲「鵜飼」

       あいさつ  岐阜県知事(予定)

       流域活動の報告会

         【コメンテーター】

          ・小瀬鵜飼 鵜匠 足立陽一郎氏

          ・和歌山大学システム工学部教授 中島敦司氏

       全国豊かな海づくり大会の紹介

       森・川・海の講演会

         【講師】松蔭横浜大学特任教授 中部大学教授 涌井雅之氏

         【演題】「山は海の恋人、川は仲人」

  16:00 閉会

  ★講師、コメンテータープロフィール http://hidamino-ryuiki.net/summit_09/summit_pf.html

 

◆同時開催 森・川・海連携事業展 

   会場:ホール

   内容:森・川・海のNPOた団体の活動紹介・企業との協働による森林づくり参加企業のPR

   出展企業(順不同):トヨタ紡織(株)、ブラザー工業(株)、日本たばこ産業(株)、カンチグループ及び同グループ協力会

               イビデン(株)、太平洋グループ、(株)岐阜造園、アサヒビール(株)、(株)NTTドコモ

 

◆問い合わせ先

   岐阜県林政部林政課 TEL:058-272-8472

 

◆申し込み先、申し込み方法

   氏名、連絡先(住所、電話番号、E-mail)、参加希望内容(1.第1部分科会と第2部本会【希望分科会】 2.第2部本会のみ)

   シャトルバス利用希望(利用希望乗車号)を記載しメール、FAXで送信  

   ページ下側の申し込みフォームから申し込めます★

   申込締切 平成22年1月20日(水)

 〒500-8570(住所不用)岐阜県庁林政課「流域サミット」係

 FAX:058-278-2702 E-mail:c11511@pref.gifu.lg.jp

  ★無料シャトルバスのご案内

    富山号(JR富山駅)、愛知号(豊田市総合体育館)、三重号(三重県庁)、県内号(飛騨総合庁舎、郡上総合庁舎、中濃総合庁舎)

    のシャトルバスを運行します。ご利用を希望される方は、参加申し込みの際に利用希望乗車号を記載ください。

   ※バスの定員により、ご希望に添えない場合もあります。バスの出発場所・時刻など詳細は、別途ご連絡します。

  

◆主催/ 

   岐阜県、森・川・海 ひだみの流域連携協議会

◆共催/

   (社)国土緑化推進機構 (社)岐阜県緑化推進委員会

◆後援/

   岐阜県森林組合連合会

   岐阜県漁業協同組合連合会、富山県漁業協同組合連合会、愛知県漁業協同組合連合会、三重県漁業協同組合連合会

   森の公益的機能拡充推進協議会(構成:栃木県、群馬県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県) 

 

 

 

summit1

氏名 (必須)

所属 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号(必須)

住所 (必須)

参加希望内容

 1.第1部流域活動報告会と第2部本会 2.第2部本会のみ

Author:協議会|Category:イベント, 協議会|Comments:No comments