2011-01-25

生物多様性流域対話 豊かな流域を守り育てるために

2011年2月20日

奥山の森に源を発する揖斐川・長良川等の河川は私たちに飲み水を与え、田畑を潤しつつ、さまざま生命の命の源となっています。

やがて、伊勢・三河湾に注ぎ込む命のつながりの中で、私たちは、流域の生物多様性の恵みを受けながら暮らしを営み、文化や伝統を育んできました。

しかし、、急激な都市圏の拡大による緑地の減少、人工林や里地里山の管理放棄、河川の水量の減少や水質汚濁、河畔林や湿地、干潟・藻場・自然河岸の減少等によって、流域内のつながりが失われ、私たちに多くの恵みを与えてくれる生物多様性が失われようとしています。

生物多様性の保全と持続可能な利用を推進しつつ、流域を保全・再生するにためには、どうしたらよいのでしょうか。皆さんと一緒に考えます。

 

◆日時/平成23年2月20日(日)13::00~17:00

◆場所/じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)5階・中会議室1

◆定員/100名

◆参加費/無料

◆生物多様性流域対話プログラム

 12:30 受付

 13:00 cop10(生物多様性条約第10階締約国会議)の成果から

                              /環境省中部地方環境事務所

      今秋開催されたcop10では、生物多様性保全の国際目標を定めた新戦略目標(愛知目標)が決議

      されました。cop10の成果と、これを受けた今後の地域での取組の方向性について報告します。

 13:30 私たちの森・里・川・海をもっと知るために

                              /伊勢・三河湾流域ネットワーク

      伊勢・三河湾流域の森・里・川・海で生じている課題や、生物多様性保全と持続可能な利用に取り組む

      団体等の生の声を知るために、他団体の活動現場に出かけて対話をする取組を始めました。

      この取組のねらいと、これまでの経緯について報告します。

 14:00 伊勢・三河湾流域の保全・再生に向けて

     ○揖斐・長良川流域等における取組について

       伊勢・三河湾流域等で、流域の保全・再生に取り組む団体の活動現場を訪ね、お聞きした活動の光(誇り)

       や影(苦悩)等の生の声、地域の課題解決のための取組等について報告します。

     ○全体対話集会

       コーディネーター/森と水辺の技術研究会:野村典博×生物多様性フォーラム:曽我部行子

      私たちのいのちと暮らしを支えてくれる豊かな流域を守り育てていくために、あるいは、都市と地域が持続的に

       存続するために、まず何から始めるべきでしょうか。皆さんと一緒に考えます。

 17:00 閉会

 

◆参加申込み

   必要事項をFaxまたはEmail(件名に「生物多様性流域対話」参加申込みと明記)にてお申し込みください。

   〆切りは2月18日(金)です。

   氏名、所属、住所、電話番号 メールアドレス

◆問い合わせ/申込み先

   環境省中部地方環境事務所 担当:桝(ます)・植田

   Tel/052-955-2131

   Fax/052-951-8919  Email/REO-CHUBU@env.go.jp

      

            <案内チラシ/申込み用紙>

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2011-01-06

「森林環境教育フォーラム」 参加者募集

2011年2月6日

  ~子どもたちへの森林環境教育“これまで”と“これから”~
 森林環境教育活動に取り組むNPOや団体、教育関係者、関心を持つ方々を対象に、学校などにおける森林環境教育の事例紹介、今後の取り組みに向けた意見交換を通じて、子どもたちに対する森林環境教育のあり方、進め方について考える「森林環境教育フォーラム」を開催します。

日 時  平成23年2月6日(日)13:00~15:00 

場 所  県民文化ホール未来会館 5階大会議室(岐阜市学園町3-42)
      
対象・定員 森林環境教育などに関心のある方、150名(先着順)
        ※会場に余裕のある場合、事前申込無しの参加も可能です。

参加費  無 料

プログラム
 12:00       開場  
 13:00~13:05  開会挨拶
 13:05~13:30  話題提供
            ①「学校における環境教育」  岐阜県教育委員会
            ②「地域における森林環境教育の取り組み」  森・川・海ひだみの流域連携協議会
 13:30~14:20  事例紹介
            ①下呂市立下原小学校
            ②岐阜市立三輪中学校
            ③岐阜県立飛騨高山高等学校
            ④多良峡もみじ少年団
            ⑤野外自主保育サークル「森のだんごむし」
 14:20~15:00  意見交換・まとめ
 15:00       閉会

申込方法
住所、氏名、連絡先(電話、FAX、メールアドレス)をご記入の上 1月31日(月)【必着】までに下記申込先へ、郵送、FAX、または電子メールにて送付してください。

◆案内チラシ/参加申込み書(FAX)

主 催 岐阜県、森・川・海ひだみの流域連携協議会

問合せ・申込先
 〒500-8570 岐阜市藪田南2-1-1
 岐阜県林政課 緑化運動担当
 TEL:058-272-8472  FAX:058-278-2702
 E-mail:c11511@pref.gifu.lg.jp

 

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2011-01-04

「国連生物多様性の10年キックオフ記念勉強会」のご案内

2011年1月7日

「生物多様性条約COP10、そして・・・・・・」

 2010年10月に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)では、名古屋議定書や愛知目標などが採択され、国内外から高い評価を得ました。今後の課題として、同議定書の批准や愛知目標の実現に向けた取組など、多様な主体がそれぞれ責任を持って地道に取り組むことが重要です。
 今回の勉強会では、COP10の成果を振り返りつつ、成果を踏まえた今後の生物多様性保全の取組について議論し、地元での行動に繋げたいと思います。

◆日時 平成23年1月7日(金)17:30~
◆場所 愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)901大会議室
    http://www.winc-aichi.jp/  
◆講演 「生物多様性 リオからなごや「COP10」、そして・・・」
    堂本 暁子(前千葉県知事/元IUCN(国際自然保護連合)副会長)
◆環境省報告
 ●「COP10の成果について」
   (生物多様性地球戦略企画室 室長 鳥居敏男)
 ●「生物多様性保全に向けた中部地方環境事務所の取り組みについて」
   (中部地方環境事務所 統括自然保護企画官 田村省二)
◆パネルデスカッション
  コーディネーター:中部環境パートナーオフィス
      チーフプロディーサー 新海洋子
  パネリスト:堂本暁子 鳥居敏男 田村省二
◆定員 150名(先着順)
◆問い合わせ
  環境省中部地方環境事務所 生物多様性主流化チーム
  担当:桝(ます)、植田
  電話:052-955-2131
◆申込み方法
 参加希望の方は、下記の必要事項を記入の上、FAXまたは、
 担当:桝(ます)、植田
 電話:052-955-2131
 E-mail(件名に「COP10、そして・・・参加希望」と明記して)御申
 込ください。
 ※なお、お申し込みをいただいた方へは、定員を越えてお断りする
 場合にのみご連絡いたします。
 申込〆切:1月7日(金) 13:00
 電子メルREO CHUBU@env.go.jp /FAX:0582-951-8919   

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2010-10-14

「特定外来生物移入防止研修会」開催のご案内

2010年12月11日

  木曽三川フォーラムでは、木曽川・長良川・揖斐川で特定外来魚や特定外来植物が確認されたことを受けて、豊富な淡水魚や在来植物が生息する自然豊かな環境を守るため、特定外来魚や特定外来植物の「駆除」や「拡大の防止」の対策に取り組んでいます。
 取り組みにあたっては対策が実効性のあるものとするために行政のみならず市民や各種団体が主体となることが望ましいと考えています。
  今回、特定外来生物移入防止研修会の開催は、行政、環境団体、市民が一緒なって学び、考え、行動する機会となることを期待しています。 

 

◆日時       平成22年12月11日(土) 13:30~18:20(受付13:00)

◆定員       150名(申込要)

◆参加費      無料

◆開催場所     岐阜市文化センター 3階 展示室 

             (岐阜市金町5丁目7番地2 TEL/058-262-6200)

◆研修スケジュール

 13:00        受付

 13:30        開会(会長挨拶、来賓挨拶)

 14:00~15:00  講演① 『なぜ生物多様性なのか』

               講師:米倉竜次氏(岐阜県河川研究所主任研究員)

 15:05~16:05  講演② 『外来生物が与える影響』

               講師:千藤克彦氏(岐阜県博物館 学芸員)

 16:10~16:25  休憩

 16:25~18:15  特定外来生物移入防止の意見交換会【活動事例報告】

             ・『平成21年度特定外来魚駆除実験について』 

                    木曽三川フォーラム会長 小野賢悟氏

             ・『イトヨの交配処理と地元種の保全に向けて』

                    地蔵川とハリヨを守る会 大橋邦男氏

 18:15       閉会の挨拶

 18:20       閉会

◆参加申込み・問い合わせ

  ●参加申込み方法

    氏名、所属、住所、電話番号を記入の上、往復ハガキ又はEmailでお申し込みください。

  ●締切

    平成22年11月15日(月)

  ●申込み・問い合わせ先

    木曽三川フォーラム事務局   〒502-0071 岐阜市長良3050番地15

    TEL/090-7696-3508(柴田)   FAX/058-232-7676

     Email/  kisosannsenn_ho@kvj.biglobe.ne.jp

 

◆主催 木曽三川フォーラム

◆共催 国土交通省木曽川上流河川事務所   森・川・海ひだみの流域連携協議会

◆後援 環境省中部地方環境事務所 愛知県 岐阜県 岐阜市 一宮市 江南市 稲沢市 大垣市

     美濃加茂市 各務原市 笠松町 長良川流域環境ネットワーク協議会 (一部申請中含む)

 

 

   <案内チラシ>↓クリック(PDFファイル)

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2010-10-13

木質バイオマス利活用セミナーのご案内

2010年11月23日
10:00 PM

 地域の森林資源を活用し、脱化石燃料化を図ることのできる木質バイオマスの燃焼機械は岐阜県各地で導入され、森林再生と地域活性化の両面に役立てられています。
 今後、石油燃料の高騰もあり、より一層の普及が予想される中で、県民、民間事業者、地方自治体の方が導入を行う上ではまだまだ情報が少ないのが現状です。
 本セミナーでは、木質バイオマスのより一層の利活用を進めるため、地域で木質バイオマスの燃焼機械を導入し、地域活性化に繋げていくための情報を提供します。

◆日時:2010 年11月23日(祝日)
    13:30 ~ 15:30(開場:13:00)
◆会場:岐阜県森林文化アカデミー 森の情報センター  
    〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地
◆参加費:無料
◆定員:100名(申し込み先着順)
◆主催:岐阜県   
◆運営:NPO法人地域再生機構、NPO法人ぎふNPOセンター
◆プログラム
・開場(13:00)
・開会挨拶(13:30 ~ 13:40)
      駒宮 博男
      NPO法人 地域再生機構 理事長
・基調講演(13:40 ~ 15:00)
 テーマ_1
  「岐阜県の木質バイオマスエネルギーの導入状況及び、
   新たなシステムについて」
      菊池 與志也
      岐阜県立森林文化アカデミー 准教授
 テーマ_2
  「薪ボイラー導入への取り組み」
      岩城 和男
      株式会社アーク 専務取締役
・パネルディスカッション(15:00 ~ 15:30)
  「木質バイオマスの今後の展開について」
    パネリスト
      菊池 與志也
      岩城 和男
    コーディネーター
      駒宮 博男
◆お申込み&お問合せ先
  NPO 法人 地域再生機構まで
  TEL:058-272-9303 FAX:058-275-9738 
  E-mail:info@chiikisaisei.org
  住所:〒500-8570 岐阜県岐阜市薮田南5丁目14番12号
     岐阜県シンクタンク庁舎3階ぎふNPOセンター内
◆申し込み方法
  以下の事項申し込みフォームをご記入の上、メールにてお申し込み
  ください。
  また、案内チラシ(裏面)に必要事項を記入の上、FAX もしくはご郵送
  いただくか、お電話でお申し込みいただいても構いません。
◆申し込みフォーム
 ※メール件名=岐阜県自然エネルギーセミナー申し込み
 ※送信先=info@chiikisaisei.org
 ・お名前:
 ・所属:
 ・部署:
 ・電話番号(できれば携帯番号):
 ・FAX:
 ・メールアドレス:
 ・住所:

 

 

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2010-09-02

ぎふの森林づくり公開討論会2010

2010年9月12日

平成18年、岐阜県では、県民の皆さまとの協働で「岐阜県森林づくり基本計画」をつくりました。
 それから岐阜県の森林はどうなったのか、これからどのように育てていくのか。
 ひとり一人ができること、しなければならないこと、県民の方々から寄せられた
アンケート結果を交えて、「これからの森林づくり」を考えます。

◆日時 平成22年9月12日(日) 13:30~16:00
◆場所 県民文化ホール未来会館5階大会議室(岐阜市学園町3-42)
◆参加費 無料
◆プログラム
  13:15 開場
  13:30~13:35 開会の挨拶<主催者代表>岐阜県林政部長森勝
  13:35~14:00 話題提供 「岐阜県の森林づくり」の今までとこれから
  14:00~15:30 討論会
              <コーディネーター> 伊藤栄一(森のなりわい研究所代表)
  15:30~15:55 まとめ
  15:55~16:00 閉会の挨拶  
◆申し込み
 森林づくり討論会2010事務局(岐阜県森林組合連合会内)
 TEL/FAX:058-275-8612 Email:moridukuri-needs@g-moriren.or.jp
 9月8日(水)までにお申し込みください。
 応募チラシ&申込書
 http://gifu-mori.net/archives/file/0912_mori_touron.pdf

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2010-08-05

「取り戻そう 暮らしを支えるいのちのつながり 生物多様性流域対話」参加者募集

2010年8月22日

 私たちは、農林漁業等の営みを通じて、多くの生きものや豊かな自然と共0生する持続可能な地域をつくりあげてきました。

 しかし、森・里・川・海では、人工林や里地里山の管理放棄、河川の流量の減少や水質汚濁、河畔林や湿地の減少、干潟・藻場・自然海岸の減少等によって、私たちのいのちと暮らしを支えてきた生物多様性が失われようとしています。

 生物多様性の保全と持続可能な利用を推進し、豊かな流域を保全・再生するためにはどうすればよいか、知恵を出し合いながら「流域のこれから」を考
えます。 

◆開催日時:平成22年8月22日(日) 12:00~17:00
◆開催場所:岐阜県立森林文化アカデミー 森の情報センター
◆主催:環境省中部地方環境事務所
◆共催:伊勢湾・三河湾流域再生交流会議、伊勢・三河湾流域ネットワーク
◆定員:100名(参加費:無料)

◆プログラム:
  11:30-受付(森の情報センター)
  12:00-「味わって知る」地域のめぐみ/NPO法人山菜の里いび
       山菜を使った料理を提供いたしますので、おにぎり等主食をご持参ください。
  13:30-「流域のこれからを考える」全体対話集会 
        ・趣旨説明/環境省中部地方環境事務所
        ・伊勢・三河湾流域再生調査報告/伊勢・三河湾流域ネットワーク
           話題提供1「河川上流域の森の再生と地域づくり」
           話題提供2「川の再生と生物多様性」
           話題提供3「流域の森里川海づくり」
        ・全体まとめ 
           コーディネーター/NPO法人森と水辺の技術研究会 野村典博
   17:00 閉会

◆対象
伊勢・三河湾流域で生物多様性の保全とその持続可能な利用について取り組む団体の構成員

◆参加申込み
参加希望の方は、氏名、参加人数、所属、住所、電話番号を、FAXまたは
e-mail(件名に「生物多様性流域対話」参加申込みと明記)にて、お申込みください。
申込み〆切は8月20日(金)です。※期限を延長しました。
参加申込⇒  E-mail: REO-CHUBU@env.go.jp 
FAX: 052-951-8919/中部地方環境事務所

◆問い合わせ
環境省中部地方環境事務所 担当/桝(ます)・森川 
 TEL 052-955-2131
当日連絡先/TEL 090-9540-4747

 

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2010-07-11

ぎふ山の日イベント 「源流の森の恵みを感じるツアー」 参加者募集!!

 岐阜県では、健全で豊かな森林づくりを推進するために、県民が森林について考え、行動するきっかけとなる普及・教育活動として8月8日を「ぎふ山の日」と定め、森林づくりに対する県民の理解を深めるための啓発活動を行っています。 このたび、ぎふの山に親しみと関心を持っていただき、ぎふの森林のすばらしさや森・川・海のつながりについて理解を深めていただくため、県内5つの流域5コースで、バスツアーを実施します。 当日のガイドは、森・川・海ひだみの流域連携協議会の会員が、それぞれの地域の自然のすばらしさや、森・川・海の環境を守る活動について説明します。

 

◆開催日 ぎふ山の日 八月八日(日)

 

◆参加対象者 小学生(高学年)~中学生とその保護者

 

◆定 員 各コース 40名(申込者多数の場合は抽選)

 

◆バスツアーコース及びスケジュール  ※出発・到着場所は、集合・解散場所となります。

1.長良川コース岐阜県庁[出発8:00]---JR岐阜駅[出発8:25]---川浦渓谷~21世紀の森公園[散策・昼食]---板取川[カワゲラウォッチング]---奥長良名水館[見学・休憩]---JR岐阜駅[到着17:00頃]---岐阜県庁[到着17:30頃]

 

 2.揖斐川コース西濃総合庁舎[出発8:30]---JR大垣駅[出発8:50]---水と森の学習館[見学・昼食]---《じまんの原石》徳山ダム・上流水源林[散策]---JR大垣駅[到着16:40頃]---西濃総合庁舎[到着17:00頃]

 

3.木曽川コース恵那総合庁舎[出発8:30]---JR中津川駅[出発9:00]---加子母 東濃ヒノキの森[見学・昼食]---付知峡[散策]---JR中津川駅[到着16:30頃]---恵那総合庁舎[到着17:00頃]

 

4.飛騨川コース可茂総合庁舎[出発8:00]---JR美濃太田駅[出発8:20]---下呂総合庁舎[出発10:30]---がんだて公園・《岐阜の宝もの》小坂の滝[散策・昼食]---下呂総合庁舎[到着15:40頃]---JR美濃太田駅[到着17:30頃]---可茂総合庁舎[到着17:50頃]

 

 5.宮・庄川コース飛騨総合庁舎[出発8:00]---JR高山駅[出発8:20]---《明日の宝もの》天生湿原[散策・昼食]---JR高山駅[到着16:30頃]---飛騨総合庁舎[到着16:50頃] 

 

◆参加費用 ※当日、集金します。 長良川コース、揖斐川コース、木曽川コース 100円/人(保険料) 飛騨川コース 200円/人(保険料と環境維持協力金) 宮・庄川コース 600円/人(保険料と森林環境整備協力金)

 

◆服装・持参品 動きやすい服装及び歩きやすい履物、雨具類、お茶、保険証、昼食など

 

◆申込み方法 往復ハガキに下記の必要事項を記入の上、宛先までお申込みください。

 ・返信おもて 郵便番号、住所、申込者(代表者)の氏名 ・往信うら 参加希望コース、発着希望場所、参加人数、参加者全員の氏名・年齢、代表者の住所・電話番号(あれば携帯電話番号も)

 応募者多数の場合は抽選にて参加者を決定します。応募結果は実施のおおむね1週間前に応募者へ通知いたします。

 ※ハガキ1枚で複数のコースにお申し込みできません。 ※ハガキ1枚につき、1家族または1グループの申込みが可能です。

 

◆申込み受付期間 7月7日(水)~23日(金)(当日消印有効)

 

◆主催 岐阜県、ぎふ山の日運動推進実行委員会

 

◆協力 森・川・海ひだみの流域連携協議会

 

◆申込み宛先、お問い合わせ先 

  〒500-8833 岐阜市神田町6丁目11-1 協和第2ビル2F 

  近畿日本ツーリスト(株)岐阜支店 「源流の森の恵みを感じるツアー」係 

  Tel 058-265-0203

 

 

 

投稿者:協議会|カテゴリ:協議会|コメント:0件

2010-06-01

第30回全国豊かな海づくり大会 ~ぎふ長良川大会~

2010年6月12日から2010年6月13日

全国豊かな海づくり大会は、水産資源の維持培養とそれらの生物がすむ海や湖沼・河川の環境保全に対する意識を高めるために、毎年各地で開催されています。第30回全国豊かな海づくり大会~ぎふ長良川大会~は、河川を会場とする初の大会で、「清流が つなぐ未来の 海づくり」をテーマとして開催されます。 

開催場所
 ・歓迎レセプション 岐阜市
 ・式典行事 関市文化会館
 ・放流・歓迎行事 関市池尻の長良川河畔 

 また、県内各市町村では、この大会を盛り上げるため、いろいろな関連行事が開催されます。


  各市町村関連行事一覧 ↓
         http://202.191.21.1/pref/s11438/umisite/news/news155/155.pdf
                                              ご参考にしてください。

 
             

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

2010-04-22

岐阜学会 第11回研究岐阜大会&文化講演会「ふるさとの自然の保全と里山づくり」

2010年5月22日

岐阜学会は、平成17年発足以来、「地域文化の掘り起こしとまちづくり」を基本テーマとして研究大会や特別講座を開催し、6年目を迎えました。本年度は6月に「第30回全国豊かな海づくり
大会―ぎふ長良川大会―」が開催され、10月には、名古屋市で「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」が開かれることになっており、人の暮らしと自然が一体となった里山づくりが、
大きくクローズアップされてきました。岐阜学会としては、春・秋の大会とも「ふるさとの自然と里山づくり」をテーマとして取り組むことにしました。

◆日 時 平成22年5月22日(土) 13:40~16:40
◆会 場 岐阜女子大学文化情報研究センター 6階大ホール
     岐阜市明徳町10 杉山ビル内 電話058(267)5237

文化講演会

  13:40  受付
  13:50 開会
  14:00

        ◆基調講演 「住環境文化と里山づくり ―韓国の集落林を中心にして―」
        報 告 者 : 山中冬彦氏(岐阜女子大学家政学部教授)
       ◆パネラー発表
       「里山整備の進め方」 報告者 : 村上悌司氏(里山クラブ可児調査研究班)
       「森林づくりと里山づくり」 報告者 : 市川治徳氏(カンチ安食の森実行委員長)
       「森林教室から出発して」 報告者 : 神山輝男氏(NPOぎふし森守クラブ代表)
       ◆シンポジウム 「ふるさとの自然の保全と里山づくり」
        コーディネーター : 石坂貴弘氏(元岐阜県シンクタンク事務局長)
        パ ネ リ ス ト : 山中冬彦氏・村上悌司氏・市川治徳氏・神山輝男氏
  16:40 閉会
  ※ 申し込み不要
   会員以外の方もご参加いただけます(資料代300円が必要です)

  〒501-2592
   岐阜市太郎丸80 岐阜女子大学地域文化研究所内
   岐阜学会
     電話 058(229)2211
     FAX 058(229)2222
       ※問い合わせは月・木曜日、10時から17時

 

投稿者:協議会|カテゴリ:イベント, 協議会|コメント:0件

« 前ページへ次ページへ »