2009-10-07

宮川・庄川テスト投稿3

宮川・庄川テスト投稿3の文章です。

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川|コメント:0件

2009-10-07

宮川・庄川テスト投稿2

宮川・庄川テスト投稿2の文章です。

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川|コメント:0件

2009-09-30

『飛越源流の森づくり2009/秋』開催のお知らせ

2009年10月18日

Photo_hietsu_10 

 

 

 

 今回で3年目となる、NPOドングリの会主催の森づくりプログラム。神通川の上流・下流域の人と人、行政と行政の連携で行なう森づくりです。
2007年から、飛騨市にある猪伏山トンネルの掘削時の残土を埋め立てた谷間を活動地として植樹トンネル残土の埋立地は石だらけでやせており、固く転圧されて鍬もささりません。木が育つには条件の悪い土地です。そんな場所に重機で一つ一つ穴を掘り、木の栄養となるバーク堆肥と山土を運び入れて、やせ地でも成長のよい苗を植えてきました。活動を行ってきました。

 3Haの活動地に3,000本以上の苗木を植えてきましたが、すべてが根付いているわけではありません。根付くことなく枯れてしまったり、ウサギやシカに食べられてしまったり、雪によって折れてしまい、何割かは枯れてしまっています。

 今回は午前中に、枯れてしまった木を植え替える補植という作業を行います。500本の苗木を用意します。お昼は、山海汁を振る舞います。豊かな海づくりには豊かな森づくりが欠かせません。この植樹祭には、富山県漁連さんにもご参加・ご協力をいただいています。午後には、会場を移動して森だくさんのお楽しみプログラムを開催します。
 春の植樹祭には、300名もの参加者にお越しいただきました。秋にもたくさんの皆様のご参加をお待ちいたします。

 

◆日時  平成21年10月18日(日) 10:00~15:00 (9:30受付開始) 雨天決行

 

◆受付場所  岐阜県飛騨市古川町畦畑 

 

◆参加対象  大人から子どもまでどなたでも参加できます。ご家族で、会社単位でお申し込み下さい。

 

◆プログラム
 ●午前の植樹活動 畦畑会場
  3年間で3haに3,000本もの木を植えてきましたが、枯れてしまった木もたくさんあります。
  今回は、総仕上げとして、枯れた苗木の跡にイチイ、ウワミズザクラ、ナナカマドなど500本の苗木を植え直します。
 ●お昼には、富山県漁業協同組合連合会の提供により「山海汁」の振る舞いがあります。
 ●午後の森だくさんのプログラム 彦坂会場
   A.森の広場づくり
    ササを刈って木を切り倒し、森に光を入れます。(対象:小学生以上、小学生は父兄同伴)
   B.巨木に逢うツアー
    30~40分ほど林道を歩き、樹齢900年のミズナラの巨木を訪ねます。
      (対象:小学生以上、小学生は父兄同伴)
   C.木の実拾い~お木楽工房
    森の中での木の実拾い。どんな秋が見つかるかな?
    拾った木の実と海の素材・山の素材で、楽しいモノづくり。
      (対象:どなたでも参加できます)

 

◆参加費 無料(お申し込みは必要です)

 

◆持ち物 お弁当、飲み物、お椀・箸(山海汁用)、レジャーシート タオル、雨具、軍手、着替え

 

◆服 装 長袖、長ズボン、運動靴、帽子

 

◆申し込み方法
     ファックスかメールに以下の項目を記入の上、NPOドングリの会宛に送付。
     参加者の氏名・年齢・性別・午後の希望コース・連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)
     FAX 0577-68-2567  Email: kiyomi@dongurinokai.or.jp
     会場案内等詳しいことは(申し込みフォーム有り) → http://www.takumijuku.com/information/02.html

 

◆主 催 飛騨地域森林・林業・木材産業活性化センター、神通川流域森林・林業・木材産業活性化センター、NPO法人ドングリの会

 

◆後 援 岐阜県(予定)、飛騨市、高山市、富山県、富山市、富山県漁業協同組合連合会

 

 

map_hietsu_wide

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川|コメント:0件

« 前ページへ