2016-07-01

GreenGiftプロジェクト2016 飛騨清見で広葉樹の森を育てよう

2016年9月24日
9:30 AMから3:00 PM

◆広葉樹の森づくり

家は木造でなくても木のお椀は使っている、という人もいらっしゃるはず。家は針葉樹で作られますが、お椀は広葉樹です。

他にも家具などに広葉樹は多く使われます。

 岐阜県の森林・林業統計書によれば、飛騨全域の森林面積の内訳は、針葉樹46%に対し広葉樹54%です。

森では針葉樹より多く、暮らしの中にもたくさんある広葉樹。地球温暖化防止から人工林(針葉樹)に注目が集まる一方、

広葉樹のことを木にかけている人はどれだけいらっしゃるでしょう。

 木を使うことで森が元気に育つのは針葉樹だけでなく広葉樹でも同じことです。

 森全体のことを考えるなら、この広葉樹にもっと注目したいですよね。

 

●日時 2016年9月24日(土) 小雨決行 

 

●スケジュール

  9:30     集合(活動場所まで移動します)

 10:00~10:15 開会式/オリエンテーション

 10:15~12:00 広葉樹の森づくり活動(下刈り、除伐)

  ー午前の活動終了ー

 12:00~13:00 昼食

  ー午後の活動ー

 13:00~15:00 大倉滝見学、自然観察

 15:00     解散

 

●集合場所 高山市清見町坂下 地図参照

持ち物

 長袖、長ズボン、軍手、山歩きの出来る靴(運動靴、長靴可)、雨具(雨天時)飲料、健康保険証のコピー、昼食

 

●定員 親子20組(先着順)

 

●参加費 無料

 

●雨天時(小雨決行)

 前日の天気予報0577177の18時発表、岐阜県飛騨地方の降水確率60%以上は10月15日(土)に順延

 

●参加申し込み

 ① ホームページ

 ② 募集チラシ ↓ クリック

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川|コメント:0件

2015-07-15

GreenGiftプロジェクト 飛騨清見で広葉樹の森を育てよう

2015年9月27日
9:30 AMから3:00 PM

◆広葉樹の森づくり

家は木造でなくても木のお椀は使っている、という人もいらっしゃるはず。家は針葉樹で作られますが、お椀は広葉樹です。

他にも家具などに広葉樹は多く使われます。

 岐阜県の森林・林業統計書によれば、飛騨全域の森林面積の内訳は、針葉樹46%に対し広葉樹54%です。

森では針葉樹より多く、暮らしの中にもたくさんある広葉樹。地球温暖化防止から人工林(針葉樹)に注目が集まる一方、

広葉樹のことを木にかけている人はどれだけいらっしゃるでしょう。

 木を使うことで森が元気に育つのは針葉樹だけでなく広葉樹でも同じことです。

 森全体のことを考えるなら、この広葉樹にもっと注目したいですよね。

 

●日時 2015年9月27日(日) 小雨決行 

 

●スケジュール

  9:30     集合(活動場所まで移動します)

 10:00~10:15 開会式/オリエンテーション

 10:15~12:00 広葉樹の森づくり活動(下刈り、除伐)

  ー午前の活動終了ー

 12:00~13:00 昼食

  ー午後の活動ー

 13:00~15:00 大倉滝見学、自然観察

 15:00     解散

 

●集合場所 高山市清見町坂下 地図参照

●持ち物

 長袖、長ズボン、軍手、山歩きの出来る靴(運動靴、長靴可)、雨具(雨天時)飲料、健康保険証のコピー、昼食

 

●定員 親子20組(先着順)

 

●参加費 無料

 

●雨天時(小雨決行)

 前日の天気予報0577177の18時発表、岐阜県飛騨地方の降水確率30%以上は10月4日(日)に順延

 

●参加申し込み

 ① ホームページ

 ② 募集チラシ ↓ クリック

 

 

 

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川, 未分類|コメント:0件

2014-06-03

GreenGiftプロジェクト 飛騨清見で広葉樹の森を育てよう

2014年9月13日

◆広葉樹の森づくり

家は木造でなくても木のお椀は使っている、という人もいらっしゃるはず。家は針葉樹で作られますが、お椀は広葉樹です。

他にも家具などに広葉樹は多く使われます。

 岐阜県の森林・林業統計書によれば、飛騨全域の森林面積の内訳は、針葉樹46%に対し広葉樹54%です。

森では針葉樹より多く、暮らしの中にもたくさんある広葉樹。地球温暖化防止から人工林(針葉樹)に注目が集まる一方、

広葉樹のことを木にかけている人はどれだけいらっしゃるでしょう。

 木を使うことで森が元気に育つのは針葉樹だけでなく広葉樹でも同じことです。

 森全体のことを考えるなら、この広葉樹にもっと注目したいですよね。

 

 

●日時 2014年9月13日(土) 小雨決行 

 

●スケジュール

  9:30     集合(活動場所まで移動します)

 10:00~10:15 開会式/オリエンテーション

 10:15~12:00 広葉樹の森づくり活動(下刈り、除伐)

  ー午前の活動終了ー

 12:00~13:00 昼食

  ー午後の活動ー

 13:00~15:00 大倉滝見学、自然観察

 15:00     解散

 

●集合場所 高山市清見町坂下 地図参照

 

●持ち物

 長袖、長ズボン、軍手、山歩きの出来る靴(運動靴、長靴可)、雨具(雨天時)飲料、健康保険証のコピー、昼食

 

● 定員 親子20組(先着順)

 

●参加費 無料

 

●雨天時(小雨決行)

 前日の天気予報0577177の18時発表、岐阜県飛騨地方の降水確率30%以上は翌日(14日)に順延

 

●参加申し込み

 ① ホームページ

 ② 募集チラシ ↓ クリック

 

 

 

 

投稿者:協議会|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川|コメント:0件

2010-12-28

植樹の神様 『宮脇 昭さん』 講演会 開催案内

2011年1月11日

 「地域経済と共生するいのちの森づくり」という題目で、横浜国立大学名誉教授の宮脇昭先生を講師にお招きして、講演会を開催することになりました。
 宮脇昭先生の講演を生で聴ける機会は滅多にありませんので、たくさんの方に森づくりの大切さを知っていただきたいと思います。
 お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

日 時 平成23年1月11日(火)午後7時~8時30分

会 場 高山市役所地下市民ホール

内 容
 演題 「地域経済と共生するいのちの森づくり(生物多様性保全への道)~高山市から世界へ~」
 講師 宮脇 昭先生

対 象 どなたでも(申込不要)、直接会場にお越しください。

会 費 無料

主 催 高山市

―宮脇 昭 先生プロフィール―
1928年生まれ。植物生態学者 横浜国立大学名誉教授。財団法人地球環境戦略研究機関 国際生態学センター長。
著書に日本全土の植生をまとめた『日本植生誌(10巻)』『植物と人間』『人類最後の日』『緑の証言』『木を植えよ!』『いのちを守るドングリの森』『鎮守の森』など多数。
1970年毎日出版文化賞、1991年朝日賞、1992年紫綬褒章、 2000年勲二等瑞宝章、2006年11月日本人初のブループラネット賞など受賞歴多数。

問合せ先
 高山市企画管理部地域政策課
 電話 0577-35-3524

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川|コメント:0件

2010-09-09

飛越源流の森づくり 2010・秋

2010年10月3日

■日時  2010年10月3日(日) 10:00~15:00

■会場  岐阜県高山市清見町二本木 卯の花街道沿い・飛越源流の森づくり特設テント広場

■対象  森林ボランティアの方、会社の地域活動の一環で、ご家族で、友達と、森での活動で1日リフレッシュしたい、大人から子どもまでどなたでも。

■参加費  無料

■申し込み方法

      参加者の氏名、生年月日、性別、住所を明記の上、郵便、ファックス、メール、電話で、9/30(木)までにお申し込み下さい。

■定員 200名程度

■プログラム内容

  育林活動 広葉樹林のササをハサミで刈り取ったり、立木をノコギリで伐り、森の成長を促します。

  パネル展示 森づくりの団体の活動紹介パネル。

  富山県漁連さんによる山海汁の振舞い。

  お木楽工房 拾った木の実でクラフト。

  ※傷害保険には、主催者にて加入します。

■タイムテーブル

  09:30 受付開始

  10:00 開会式

     森の手入れ(ササ刈り、除伐作業)

  12:00 昼食 漁師さんから、山海汁の振舞い

  13:00 ブナ林散策

     どんぐり拾い

     お木楽工房

  15:00閉会式

  15:30 終了

 

■主催 NPOドングリの会(岐阜県高山市)

■協力 とやまの森づくりサポートセンター、富山県漁業協同組合連合会、森林たくみ塾

 

■お申込み先・このチラシに関するお問合せ先

  NPOドングリの会 「飛越源流の森づくり」事務局

  森林たくみ塾 小木曽賢一

  電話 0577-68-2468

  ファックス 0577-68-2468

  メール mail@takumijuku.com

  〒506-0101

  岐阜県高山市清見町牧ケ洞4444-3

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川|コメント:0件

2010-06-26

山・川・海をつなぐ「飛越源流の森づくり 2010・夏」参加者募集

2010年7月11日

~4年目の今年は新たなステージ、植林から育林へ~
 これまでの3年間に、延べ1300名の参加で2700本余りの苗木を植えてきました。植樹地はトンネル残土埋立地という、苗木にとっては生育環境の悪いところです。痩せ地でも育つ樹種を選んでいるので生存率は高いのですが、予想通り遅い成長です。周りの草の方が元気で、苗木が草に隠れてしまっているところも。光合成ができないと、さらに成長が遅れてしまいます。
 そこで今年は苗木の成長を促すべく、草刈りを行います。全面を刈らずに苗木の周りだけを刈る、坪刈りという方法をとります。剪定バサミなら、子どもさんでも安全に草刈りができます。草にうもれてしまった苗木を探しながら、苗木の周りの草を一本一本丁寧に刈り取ります。
 刈った草は、午後のクラフト教室「森のお木楽工房」で素材として活用します。楽しくきれいな作品を作ります。

お昼はもちろん、富山県漁連さんより山海汁の振る舞いがありますよ。

ご家族で、友人と、会社の同僚と。森を育てて楽しむ1日。

日 時 7月11日(日) 午前10時~午後3時  ※雨天決行

会 場 岐阜県飛騨市古川町畦畑(現地集合・解散)

内 容
午前の部
 これまで植えてきた苗木の育林作業、草刈り
  ※お昼に、富山漁連さんより山海汁の振る舞い
午後の部
 ・体力のある方は、午前の部の続きで育林作業
 ・クラフト教室「森のお木楽工房」 ※刈りとった草を素材に、草木染め、しおりづくり、うちわづくりを楽しみます

申し込み方法
メール・ファックスより下記事項をご記入の上、お申込み下さい。折り返し、案内資料を送付いたします。
 参加者全員のお名前、生年月日、性別、ご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)

主催 NPOドングリの会
協力 とやまの森づくりサポートセンター、富山県漁業協同組合連合会

お申込み・お問い合わせ先
 NPOドングリの会「飛越源流の森づくり」事務局 森林たくみ塾 担当:小木曽
 メール mail@takumijuku.com
 FAX 0577-68-2469
 電 話 0577-68-2468

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川|コメント:0件

2009-11-06

「生物多様性セミナーin飛騨高山」参加者募集

東海農政局は、11月20日(金)、高山グリーンホテル(岐阜県高山市)において、平成22年10月に名古屋で開催される「生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)」に向け、生物多様性と私たちの暮らしの係わりについて、皆様に関心を高めていただくためのセミナーを開催します。

◆日時 平成21年11月20日(金)13:00~16:30(受付12:30~)

◆場所 高山グリーンホテル 2階 鳳凰の間

◆内容
 (1)基調講演
   生物多様性条約COP10 ~経済・社会・環境のバランスを目指して~
      香坂 玲 名古屋市立大学経済学研究科准教授
 (2)講演
  ・生物多様性と私達の暮らし(仮)
    あん・まくどなるど
     国際連合大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット所長
  ・生物多様性に配慮した森林管理
    速水 亨 速水林業代表、(社)日本林業経営者協会会長
  ・モノのミカタ ~生物多様性~(仮)
    山根 一眞 ノンフィクション作家
 (3)パネルデスカッション 
   あん・まくどなるど(コーディネーター)
   香坂 玲、速水 亨、山根 一眞

◆定員 100名(参加費無料)
  ※定員になり次第募集を締切ます

◆参加申込み
 参加申し込みは11月18日(水)までに参加申込み書またはインターネットで
  ・参加チラシ(参加申し込み書)
   http://www.maff.go.jp/tokai/press/kikaku/pdf/091105-01.pdf
  ・インターネット申し込み
   https://www.contact.maff.go.jp/tokai/form/f45b.html

◆問い合わせ・参加申し込み
 東海農政局 企画調整室(稲本・杉浦)
 〒460-8506 名古屋市中区三の丸1-2-2
 TEL:052-223-4609(直通)
 FAX:052-219-2673

◆主催 農林水産省 東海農政局

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, 宮川・庄川|コメント:0件

2009-09-30

『飛越源流の森づくり2009/秋』開催のお知らせ

2009年10月18日

Photo_hietsu_10 

 

 

 

 今回で3年目となる、NPOドングリの会主催の森づくりプログラム。神通川の上流・下流域の人と人、行政と行政の連携で行なう森づくりです。
2007年から、飛騨市にある猪伏山トンネルの掘削時の残土を埋め立てた谷間を活動地として植樹トンネル残土の埋立地は石だらけでやせており、固く転圧されて鍬もささりません。木が育つには条件の悪い土地です。そんな場所に重機で一つ一つ穴を掘り、木の栄養となるバーク堆肥と山土を運び入れて、やせ地でも成長のよい苗を植えてきました。活動を行ってきました。

 3Haの活動地に3,000本以上の苗木を植えてきましたが、すべてが根付いているわけではありません。根付くことなく枯れてしまったり、ウサギやシカに食べられてしまったり、雪によって折れてしまい、何割かは枯れてしまっています。

 今回は午前中に、枯れてしまった木を植え替える補植という作業を行います。500本の苗木を用意します。お昼は、山海汁を振る舞います。豊かな海づくりには豊かな森づくりが欠かせません。この植樹祭には、富山県漁連さんにもご参加・ご協力をいただいています。午後には、会場を移動して森だくさんのお楽しみプログラムを開催します。
 春の植樹祭には、300名もの参加者にお越しいただきました。秋にもたくさんの皆様のご参加をお待ちいたします。

 

◆日時  平成21年10月18日(日) 10:00~15:00 (9:30受付開始) 雨天決行

 

◆受付場所  岐阜県飛騨市古川町畦畑 

 

◆参加対象  大人から子どもまでどなたでも参加できます。ご家族で、会社単位でお申し込み下さい。

 

◆プログラム
 ●午前の植樹活動 畦畑会場
  3年間で3haに3,000本もの木を植えてきましたが、枯れてしまった木もたくさんあります。
  今回は、総仕上げとして、枯れた苗木の跡にイチイ、ウワミズザクラ、ナナカマドなど500本の苗木を植え直します。
 ●お昼には、富山県漁業協同組合連合会の提供により「山海汁」の振る舞いがあります。
 ●午後の森だくさんのプログラム 彦坂会場
   A.森の広場づくり
    ササを刈って木を切り倒し、森に光を入れます。(対象:小学生以上、小学生は父兄同伴)
   B.巨木に逢うツアー
    30~40分ほど林道を歩き、樹齢900年のミズナラの巨木を訪ねます。
      (対象:小学生以上、小学生は父兄同伴)
   C.木の実拾い~お木楽工房
    森の中での木の実拾い。どんな秋が見つかるかな?
    拾った木の実と海の素材・山の素材で、楽しいモノづくり。
      (対象:どなたでも参加できます)

 

◆参加費 無料(お申し込みは必要です)

 

◆持ち物 お弁当、飲み物、お椀・箸(山海汁用)、レジャーシート タオル、雨具、軍手、着替え

 

◆服 装 長袖、長ズボン、運動靴、帽子

 

◆申し込み方法
     ファックスかメールに以下の項目を記入の上、NPOドングリの会宛に送付。
     参加者の氏名・年齢・性別・午後の希望コース・連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)
     FAX 0577-68-2567  Email: kiyomi@dongurinokai.or.jp
     会場案内等詳しいことは(申し込みフォーム有り) → http://www.takumijuku.com/information/02.html

 

◆主 催 飛騨地域森林・林業・木材産業活性化センター、神通川流域森林・林業・木材産業活性化センター、NPO法人ドングリの会

 

◆後 援 岐阜県(予定)、飛騨市、高山市、富山県、富山市、富山県漁業協同組合連合会

 

 

map_hietsu_wide

投稿者:宮川・庄川流域|カテゴリ:宮川・庄川,お知らせ, イベント, 宮川・庄川|コメント:0件